So-net無料ブログ作成

日々草 [旅]

3月28日 [晴れ]

この2〜3日冷えて寒さが戻ってきました。
昨日の朝は小雪が舞い 私のところは「みぞれ」というところですが
成田 佐倉 大宮などはうっすら雪化粧。
今日も晴れてはいますが冷えています。

[旅便り 大阪 堺]

中之島から南海高野線で堺東駅で下車 宿泊ホテルへ
堺には3もの電車が通っていて駅が3つもあります、すごですね。
翌日のお茶会 そして利休に思いを馳せて・・・

朝 臨済宗大徳寺派 三好一族ゆかりの南宗寺へ
利休一門 武野紹鴎 津田宗久の供養塔があり わび茶のルーツです。
このお寺は何やら秘密が・・・。
南宗寺史によると家康が夏の陣で茶臼山の激戦に敗れて籠で逃げる途中 
後藤又兵衛の槍で突かれて堺まで逃げ延び
籠の中で息絶えた、南宗寺の開山堂下に隠して
のちに改葬したと伝えられています。
家康の墓 1679年東照宮が空襲にあい其の後に東照宮趾碑建てられました。

nansyuji1.jpg

nansyuji2.jpg

お庭にこんなお花が(この時期に杜若?)

ayame.jpg
 
ume3.jpg

梅の時期は過ぎたようです。

nansyuji3.jpg

nansyuji4.jpg

ryu.jpg

仏殿 八方睨みの龍

お茶室 実相庵

jisouan.jpg

ガイドさん(良くお勉強されている)に説明していただき 楽しかったです。
お濃茶もお薄も美味しくいただきました。
主菓子は堺名物の 芥子餅 芥子の実がぎっしりかかって 美味しかったですよ〜〜〜!!

そこから昼食は「美々卯」へ お食事の他に有名なおうどんが付きました。
次の会場は「さかい利晶の杜」へ 
名前の由来は、堺ゆかりの利休と与謝野晶子の字を取って利晶です。
この建物の前に千利休屋敷跡があり、少し行ったところに与謝野晶子生家跡があります。
すでに夕暮れ ホテルに帰って 夕飯は少し離れたレストランへ
忙しかったですが楽しいお茶会でした。

翌日は帰る日 蘇鉄で有名な妙國寺に是非と言うことで行ってきました。
創建は1562年ですが建物は新しいですね。
家康は信長の招きで 堺 妙國寺に滞在中、本能寺の変、
急遽堺から脱出 伊賀越えで三河に戻りました。
その後蘇鉄の素晴らしさを詠んだ歌が残されています。
それはそれは立派で素晴らしいものでした。

写真が撮れませんでしたが 樹齢一千年余りと
パンフレットから
戦国時代 天下統一の野望を抱いていた信長は妙國寺の蘇鉄の噂を聞くと
権力にまかせ安土城に移植しましたが、毎夜「堺に帰りたい」と言う
怪しげな声に城中悩まされ、激怒した信長は家来に蘇鉄を切る事を命じました。
ところが切り口より鮮血が流れ、まるで大蛇が悶絶したように見えて
さすがの信長も恐れ「妙國寺に戻せ」と叫んだそうです。
妙國寺に戻った傷だらけの蘇鉄を見て、時の上人が蘇鉄の蘇生を願って植え直し
法華経一千部を読み、満願の日に青い芽が吹き出てきました。
上人の枕元に蛇身の白髪老人が現れ宇賀徳正龍神と名乗り
上人の感謝し 三つの誓いを立て、この寺の守護神になることを伝えた。 
「生みの苦を和らげ」「苦難、災厄を逃れ」「福徳をさづける」
上人は聖徳殿を建て当山の守護神として祀りました。

それで庭に鳥居があるのですね。
廊下が大きな一枚ガラスになっていて じっと見ていると引き込まれます。
一見の価値は十分ありました。

myokokuji1.jpg

myokokuji2.jpg

午後早い新幹線なので、ここからトラムに乗って難波まで
道を伺ったご夫婦の方に是非「アベノハルカス」にと言われ
なんでも14階からで十分見晴らしが良いと伺い エレベーターに乗りました。
大阪の街を一望とまではいきませんでしたが見てきました。
新大阪で美々卯に入り「鶏うどん」この中の鶏肉が絶品でした。

udon.jpg

早くに帰る理由はちよを夕方に引き取るので。
「ちよちゃんただいま」「ママ忘れてなかった?」
nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

日々草 [旅]

3月19日 [晴れ]

お彼岸 お墓まいりに行ってきました。
朝晩はまだまだ冷えますが日中は暖かで、外出には最高ですね。

sukai.jpg

kobusi.jpg

コブシの街路樹 春満開

お参りの後、恒例の昼食は今年は中華料理でした。
言問橋を渡ってすぐ、美味しくいただきました。
2-3日前に妹が桜橋たもとにある長命寺の桜餅を予約しておいてくれて
寄り道をして春の空気と香りと味を満喫しました。

sakuramoti.jpg

途中 隅田公園からのスカイツリーと桜です。

turi-.jpg

higan1.jpg

[旅便り 大阪 堺 ]

先日 大阪 堺でのお茶会に行ってきました。
ちよちゃんは獣医さんのところでお留守番 お利口にしていたようです。

あいにくいつもの富士山は姿を見せてくれませんでしたが
西に行くほど良いお天気になり 山にはまだ残雪が・・・。

sakai1.jpg

お茶会は翌日なので今日は少し大阪を散策 東洋陶磁美術館へ
新大阪で降りて地下鉄御堂筋線でなにわ橋下車 中之島にありました。
今回は特別展「台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆」
見たいと思っていた作品に会えて嬉しかったです。
すばらいい天青 言葉では表せない清々しい青磁

seiji1.jpg

seiji2.jpg

そしてここには安宅コレクションが 
パパさんも見たかったことでしょう
家には「安宅コレクション東洋陶磁名品図録 李朝」
昭和55年 限定800の内の一冊があり
特にお好みの「青花草花文面取瓶」ぞくに「秋草文」の花瓶 いつも見ていました。

seiji3.jpg

ataka1.jpg 

感慨深い作品たち・・・

中之島は開放的な感じで素敵でした。ここは初めてで散策できて良かったです。

nakasu.jpg

nakasu2.jpg

続きは次回に・・・
nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

日々草 [雑記帳]

3月9日 [晴れ]

お節句も過ぎ一週間後はお彼岸に入ります。
日照時間も夜明けが6時 日の入りが5時42分と随分長くなりました。
とにかく月日が瞬く間に過ぎていくように感じかす。
先月末広尾にある「メキシコ料理」にご招待されました。
サルサ クスクス など 聞いたこたはありますが実際には頂いたことがありません。
ひよこ豆のチリコンカーンは大昔、お料理教室で習ったことがあったような・・・?

広尾「ラ・ホイヤ」の店内はお若い方が多かったようでした。
飲めないのでピーチ・ジュースをお願いしましたら フラッペのような・・・

jyusu.jpg

あまりピーチの香りはなかったのですがいつまでも保ちますね・・・。
早速サスサソース2種 トマト チリソースがかかったペースト状のアボガドソース
トウモロコシの粉でできたチップが運ばれてきました。
トマトのソースは他にもお野菜が入って、少々酸味が効いて好きなお味でした。

sarusa.jpg

mekisiko2.jpg

ひき肉をトウモロコシ粉のマッシュで包んだもの
トウモロコシの皮の上にのって出てきました。

mekisiko1.jpg

このスープは絶品でした。蛤他魚介がふんだんに入っているので
濃厚なお味でおいしかったです。

豚肉のリブの蒸し煮のようなもの

tori.jpg

mekisiko3.jpg

ご飯にチーズ風のソースがかかってエビが添えられています。
あっという間に時間は過ぎ、珍しい食事をありがとうございました。

その後街を散策、ナショナル麻布マーケットに
何と見たことのない珍しいお野菜等々、陳列棚も楽しかったこと!
「ル・コント」でケーキとお茶を頂きお菓子を買って
一日ご苦労様でした。

IMG_4247.jpg
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
18px